永守賞について過去受賞者一覧

第3回永守賞受賞者(2017年)

第3回永守賞大賞

岩路 善尚
[株式会社日立製作所 研究開発グループ 制御イノベーションセンタ モータシステム研究部 主管研究員 | 日本]
応用範囲を拡大できる永久磁石モータの回転子位置センサレス制御技術

第3回永守賞※アルファベット順、敬称略

阿部 貴志
[長崎大学大学院 工学研究科 電気・情報科学部門 電気電子工学分野 教授 | 日本]
広い速度・トルク領域で高効率化を目指したパワーエレクトロニクス技術を駆使した可変界磁同期モータの開発
服部 知美
[静岡理工科大学 理工学部 電気電子工学科 准教授 | 日本]
地球環境問題を配慮した高効率・低振動モータの研究開発
岩崎 誠
[名古屋工業大学大学院 工学研究科 電気・機械工学専攻 教授 | 日本]
次世代のメカトロニクスを拓く高速高精度制御技術に関する研究開発
小森 雅晴
[京都大学大学院 工学研究科 機械理工学専攻 教授 | 日本]
幾何曲面が接触する回転伝達機構の普遍的特性解明・超精密計測技術・精密伝達変速技術の研究開発
Minh C. Ta
[Associate Professor, Centre for Technology Innovation and Department of Industrial Automation, School of Electrical Engineering, Hanoi University of Science and Technology | ベトナム]
革新的な制御技術を用いた電動モータードライブのパフォーマンス向上とエネルギー節約
竹本 真紹
[北海道大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 准教授 | 日本]
環境負荷低減を実現するためのモータの高性能化・高機能化に関する研究
Kanokvate Tungpimolrut
[Deputy executive director, National Electronics and Computer Technology Center | タイ]
社会と産業用のモータとドライブの開発とその応用

第2回永守賞受賞者(2016年)

第2回永守賞大賞

藤本 博志
[東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 准教授|日本]
安全性と省エネルギー性を向上させる電気自動車用モータ制御技術とワイヤレスインホイールモータの研究開発

第2回永守賞※アルファベット順、敬称略

荒田 純平
[九州大学大学院 工学研究院 機械工学部門 准教授|日本]
柔軟要素を内包するパラレルメカニズムの研究開発および医療・工業への実践応用
エレナ・ロモノヴァ
[アイントフォーフェン工科大学 教授|オランダ]
多自由度永久磁石アクチュエータおよび振動抑制システムの新しい概念の提案と設計手法の開発
真下 智昭
[豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所 准教授|日本]
マイクロ超音波モータに関する研究開発
中村 武恒
[京都大学大学院 工学研究科 電気工学専攻 准教授|日本]
高温超電導誘導同期モータに関する先駆的研究と輸送機器応用に向けた挑戦
西川 敦
[信州大学 繊維学部 機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース 教授|日本]
低侵襲手術・治療を支援する医用アクチュエータと内視鏡ロボットならびにその制御技術に関する研究開発

永守賞特別賞

佐川 眞人
[NDFEB株式会社 代表取締役|日本]
世界最強のNd-Fe-B焼結磁石の発明と工業化及び継続した省資源製造法や希少金属使用量削減の研究開発

第1回永守賞受賞者(2015年)

第1回永守賞大賞

赤津 観
[芝浦工業大学 工学部 電気工学科 教授|日本]
省エネルギー社会実現に向けた低価格高性能SRモータ普及促進のための研究開発

第1回永守賞※アルファベット順、敬称略

グルーバー・ヴォルフガング
[ヨハネス・ケプラー大学(リンツ) 電気駆動・電力工学部 助教/LCM社 上席研究員|オーストリア]
新規ベアリングレススライスモータトポロジーの設計、最適化、製造、およびその実用化
長谷川 泰久
[名古屋大学大学院 工学研究科 教授|日本]
筋力低下患者の上肢作業支援技術の基礎研究と患者への臨床応用
蕭鈞毓(シャオ・チュンユー)
[国立台湾科技大学 電気工学部 助教/キリウスインダストリアル株式会社 テクニカルアドバイザー|台湾]
高性能永久磁石同期モータの設計
森田 剛
[東京大学大学院 新領域創成科学研究科 准教授|日本]
新しい応用領域を切り拓く圧電アクチュエータの基盤的駆動原理の創発とその展開技術
スカリオーネ・オマール
[ファウルハーバー・ミニモーター社 製品開発 R&Dエンジニア|スイス]
同期モータのセンサレス位置検知のための鉄ヒステリシスおよび拡張カルマンフィルタリング